♦︎おまたカイロとは♦︎

おまたカイロでカラダが喜ぶ8つの理由

理由その①
陽の気が高まり明るく元気に

会陰部には、
その名も「会陰(えいん)」
という名前のツボが存在します。
全身に361個あるとされている
ツボの中でも会陰は
最も陰の気が強く
溜まりやすいツボとされています。
おまたカイロをする事により、
陰の気で満たされたツボを
カイロの陽気で補い、
身体 が高められていきます。



理由その②
足先までホカホカ血液が
流れ末端冷え症を改善

全身にくまなく
巡っている血管ですが、
血液の役割のひとつに
「熱の運搬」があります。
よく腰にカイロを
貼っている方を見ますが、
人間最大の冷却器官である
血管の少ない「お尻」で
下肢に行くまで血液が
冷やされてしまいます。
おまたカイロをする事により、
会陰部の近くに流れている
鼠径動脈を温めて足先まで
熱を運んであげる
お手伝いをします。



理由その③
免疫UPで健康的で
活力のある身体に

人間の体温で最も
健康的で免疫力が
高い状態とされる温度は
36.5度~37度と
言われています。免疫力というのは、
体内に入った細菌やウィルス、
異物などから自分自身を
守る力の事を言います。
体温が下がると風邪や
インフルエンザ、癌など
多くの疾患にかかりやすく
なってしまいます。
おまたカイロをする事により
体温が高くなれば
免疫力がUPします。
身体 が高められていきます。



理由その④
ホルモンバランスが
調整され女性らしく

女性ホルモンを代表する
エストロジェンなどは
卵巣で産生されます。
体温が低いと分泌活動が
低下してホルモンの
作用による活動も低下してしまいます。
おまたカイロをする事により、
エストロジェンの分泌が
盛んになると
健康な骨や血管がつくられ、
肌や髪の毛にうるおいを与え
ツヤツヤにしてくれるなど
女性らしさをUPしてくれる
作用があるのです。



理由その⑤
子宮の冷え取りで
妊娠しやすい身体に

エストロジェンと同様に
卵巣で産生される
黄体ホルモン(プロジェステロン)は
受精後の妊娠を
維持するためのホルモンです。
エストロジェンは
受精卵のベッドを作り
ふかふかにするという
役割があります。
おまたカイロをする事により、
妊娠に欠かせない
ホルモンバランスが
整えられ妊娠しやすい身体作りを
サポートしてくれます。



理由その⑥
自律神経のバランスが整いメリハリ生活

体温調節をはじめ内臓の働きは
自律神経によって
コントロールされています。
自律神経である交感神経と
副交感神経は
よくアクセルと
ブレーキで表現されます。
この神経のバランス調整を
するツボが会陰と頭の頂点にある
百会です。
おまたカイロをする事により、
自律神経のバランスが整えられ、
メリハリのある内臓活動に
整えてくれます。



理由その⑦
むくみが解消し下半身太りから、
さようなら

ふとももやふくらはぎの
水分がリンパ管等を
通して上半身に戻って
いかない状態がむくみです。
長期間むくみが取れないと
常に下半身に水分が
溜まった状態となり、
下半身太りになってしまします。
おまたカイロをする事により、
代謝がUPし下半身と
上半身の水分交感を
促して下半身のむくみを
解消させてくれます。



理由その⑧
脳の血流改善でイライラ解消

安静にしている時の
人間の脳には全身の血液の
約15%が流れています。
冷えにより毛細血管が
収縮してしまい、
全身の血液循環が悪くなると
脳にも血液が廻りにくく
なってしまいます。
おまたカイロをする事により、
血液循環が良くなると
脳にも血液が行き渡り、
自律神経のコントロールなどの
働きが活性化されて
イライラや不安感を
解消させてくれます。




当サイトについて

プライバシーポリシー

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ